TASC ーTochigi Aerospace Conferenceー 栃木航空宇宙懇話会

TASC(栃木航空宇宙懇話会)は、航空宇宙技術の発展と技術開発のために、
栃木県を中心とした一般企業、行政機関、学術機関の交流と情報交換を図る機関です。
 
お知らせ/告知/レポート
講演会
講演会のお知らせ/告知/レポートを最新順に掲載しています。
詳細は各記事のリンクをご覧下さい。
航空宇宙講演会 in Tochigi 2019
令和元年度航空宇宙講演会
今年の『航空宇宙講演会 in Tochigi 2019』には、講師にはやぶさ2プロジェクトマネージャー JAXA宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 准教授 津田 雄一 氏をお迎えし、お話を伺いました
■日時:
令和元年12月11日(水) 午後6:00〜
■会場:宇都宮市文化会館 小ホール
■講師:
はやぶさ2プロジェクトマネージャー
JAXA宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 准教授
津田 雄一 氏
■テーマ:
「はやぶさ2の挑戦 -プロジェクトを率いる難しさと面白さ-」
■概要
はやぶさ2は2018年6月に小惑星リュウグウに到着し、以降1年のうちに着陸ロボットによる地表移動探査、人工クレータの生成、2地点への着陸と試料採取、さらにそのうち1回は地下物質の採取に成功しました。これらは全て世界初の技術であり、科学的にもとても大きな成果が期待さ れます。講演では、最新のはやぶさ2の状況を紹介しつつ、はやぶさ2の目指す宇宙探査、それを成功に導いたチーム作りについてお話し頂きました。
■当日の様子
当日は会場は満席となり、他県からの参加者の方もいらっしゃる程のの盛況となりました。
また、質疑応答も時間を延長し、非常に興味深く先生のお話を伺う方が多数いらっしゃったことも伺えました。



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■津田 雄一氏 略歴
1975 年広島生まれ。
1998 年東京大学工学部卒。
2003 年東京大学大学院修了。博士(工学)。
また、ソーラーセイル宇宙船「イカロス」のサブチームリーダーとして、
世界初のソーラーセイル技術の実現へと導いた。
専門分野は宇宙航行力学、宇宙機システム、太陽系探査。

 
過去のレポート
 
 
 
栃木航空宇宙懇話会 TASC All rights reserved
サイト内情報の無断での改変流用、許可なく転載することはご遠慮ください