TASC ーTochigi Aerospace Conferenceー 栃木航空宇宙懇話会

TASC(栃木航空宇宙懇話会)は、航空宇宙技術の発展と技術開発のために、
栃木県を中心とした一般企業、行政機関、学術機関の交流と情報交換を図る機関です。
 
TASCの公式ブログでは、
各会員様からの情報や
読み物を発信しています。
 
 
会員紹介
(株)三洋製作所
 
 
会社情報・連絡先等
■本社
住所 〒321-0151
栃木県宇都宮市西川田町703-1
代表者 代表取締役社長 吉村 憲光
TEL 028-658-0421(代)
FAX 028-658-0962
■事業所
住所 同上
代表者 同上
TEL 同上
FAX 同上
■会社概要
創業年月 1952年2月
資本金 2,000万円
年間売上高
(全社)
566,000万円
従業員数 375人
  (2005年6月現在)
■連絡先
窓口 取締役第二事業部長
今泉 秀敏
TEL 028-658-0421
FAX 028-658-0962
HP http://www.sanyoh.co.jp
主要事業・取扱製品・内容等

アルミ押出型材製フレームの熱処理、ストレッチ成形、トリミングの加工ラインを主に板金加工、機械加工等の部品加工から治工具の設計製作、サブ組立全般まで、一貫した製造体制と永年にわたる技術の蓄積による信頼性の高い製品をお届けしています。

・機械加工、マニシングセンター加工、アルミ型材切削加工(ATC付)
・板金加工、アルミ押出型材製フレームの熱処理、ストレッチ成形トリミングの一貫加工
・アルミ合金の熱処理(BOEING社認定設備)
・航空機構造、サブ組立(旅客機、翼胴フェアリング、スポイラー、無人標的機等)

企業理念・企業沿革・概要等

[企業理念]
『仕事を通して社会に奉仕し、仕事に励むことにより顧客に報い私達の暮らしを良くする』

[企業沿革]
・1952年2月 旧不動前工場にて創業開始
パインミシン製造(株)(現 シンガー日鋼(株))宇都宮車輌(株)(現 富士重 工業(株))の協力工場としてミシン部品、車輌部品の納入開始
・1961年8月 西川田工場(敷地18,000u)に新工場運設
・1967年7月 第2期工事完了、現西川田工場に本社移転
・1991年2月 富士重工業関連のボーイング社向けフェアリング、スポイラー等のサブ組立開始
・1993年6月 敷地60、000uに新工場第1期航空機部品工場建設、アルミ押出型材製フレームの一貫加工ライン完
・1998年2月 新工場第2期工事完了 本社を移転
・2003年4月 ISO9001:2000認証取得
・2005年3月 ISO14001:1996認証取得

[会社概要]
航空機やOA機器等の精密プレス加工(〜250tonプレス)及び型レス加工を柱とした部品製作から組立までの総合部品メーカーです。航空機関係では、富士重工業関連のアルミ押出型材製フレームの一貫加工ラインを主に、大型機の翼胴フェアリング、スポイラー等の部品加工からサブ組立までを行なっています

 
 
 
 
 
 
 
栃木航空宇宙懇話会 TASC All rights reserved
サイト内情報の無断での改変流用、許可なく転載することはご遠慮ください