TASC ーTochigi Aerospace Conferenceー 栃木航空宇宙懇話会

TASC(栃木航空宇宙懇話会)は、航空宇宙技術の発展と技術開発のために、
栃木県を中心とした一般企業、行政機関、学術機関の交流と情報交換を図る機関です。
 
TASCの公式ブログでは、
各会員様からの情報や
読み物を発信しています。
 
 
お知らせ/告知/レポート
講演会
講演会のお知らせ/告知/レポートを最新順に掲載しています。
詳細は各記事のリンクをご覧下さい。
 
 
航空宇宙講演会 in Tochigi 2013
小惑星探査ミッション「はやぶさ2」の新たなる挑戦
航空宇宙講演会 in Tochigi 2013
小惑星探査ミッション「はやぶさ2」の新たなる挑戦

期日:12月5日(木)
会場:宇都宮市文化会館
講師:JAXAはやぶさ2ミッションマネージャー 吉川真氏
概要:
小惑星探査機「はやぶさ」は、小惑星からその表面物質を持ち帰るという世界初の挑戦を行い、多くのトラブルを乗り越えて、その使命を全うしました。その後継ミッションとして「はやぶさ2」のプロジェクトが進められています。「はやぶさ2」では、「はやぶさ」の経験を生かして、より確実なミッション遂行を目指すとともに、新しい挑戦も行います。技術だけでなく科学においても新たな時代を切り開こうとしている「はやぶさ2」についてご紹介頂きました。

※詳しくはこちら

JAXAはやぶさ2ミッションマネージャー
吉川真氏プロフィール
宇宙航空研究開発機構、宇宙科学研究所、准教授。理学博士。「はやぶさ2」ミッションマネージャ。1962年、栃木県栃木市生まれ。東京大学理学部天文学科卒業。同大学院卒業。日本学術振興会の特別研究員を経て、1991年からは郵政省通信総合研究所に勤務。1996年にはフランスのニース天文台に1年間派遣。1998年に文部省宇宙科学研究所に異動。2003年10月からは、組織の統合により現在に至る。専門は天体力学。「はやぶさ」や「はやぶさ2」等の太陽系天体探査ミッションを中心に惑星探査関連の研究をしている。また、天体の地球衝突問題(スペースガード)についても研究を進めている。
  2013航空宇宙講演会ポスター
 
 
過去のレポート
 
 
 
栃木航空宇宙懇話会 TASC All rights reserved
サイト内情報の無断での改変流用、許可なく転載することはご遠慮ください