TASC ーTochigi Aerospace Conferenceー 栃木航空宇宙懇話会

TASC(栃木航空宇宙懇話会)は、航空宇宙技術の発展と技術開発のために、
栃木県を中心とした一般企業、行政機関、学術機関の交流と情報交換を図る機関です。
 
TASCの公式ブログでは、
各会員様からの情報や
読み物を発信しています。
 
 
お知らせ/告知/レポート
講演会
講演会のお知らせ/告知/レポートを最新順に掲載しています。
詳細は各記事のリンクをご覧下さい。
 
 
航空宇宙講演会 in Tochigi 2015
平成27年度航空宇宙講演会
■日時:
平成27年10月29日(木) 午後6:00〜
■会場:宇都宮市文化会館 小ホール
■講師:
東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授
中須賀 真一 工学博士
■テーマ:
超小型衛星による新しい宇宙開発・利用への挑戦
■概要
100kg以下の非常に小さな人工衛星を「超小型衛星」と呼ぶ。通常の衛星が500kgから数トンのサイズであるのに対し、非常に小さい衛星である。衛星のコストは通常200億円以上、また開発期間も5年以上というのが当たり前だったが、超小型衛星はそれを3億円以下、2年以内にさげるなど、大幅に「しきい」を下げられるのが特徴で、それを活かして、政府や大会社ではない新たな宇宙のプレーヤーを生むことが期待できる。東京大学では2000年ころから超小型衛星の研究開発を行い、世界で初めて1kgの人工衛星(CubeSatと呼ぶ)の打ち上げ運用に成功した。教育目的で始まった衛星開発は、やがて実利用へと発展し、2010年から始まった「ほどよしプロジェクト」では3機の地球観測の実用衛星を打ち上げ、地球画像を撮像してきた。また、2014年末には世界で初めての50kg級の深宇宙探査機を打ち上げた。超小型衛星は、従来の中・大型衛星と同じ性能は期待できないが、利用の仕方を工夫することで、新しい宇宙開発利用を拓く大きなポテンシャルを秘めているのである。このような東京大学での超小型衛星の開発の経緯を紹介し、その教育的な意義、社会を変える可能性を皆さまに伝えたいと考える。

■参加人数:約360名
当日は特に大学、高校生の参加が全体の1/3を占め、若い人達の反響が高かった講演会でした。

当日の様子はこちらよりご覧ください。
 

中須賀 真一 工学博士 略歴
1961年大阪生まれ。1983年東京大学工学部卒、1988年東京大学博士課程修了、工学博士取得。同年、日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所入社。1990年より東京大学講師、助教授、アメリカ・メリーランド大学およびスタンフォード大学客員研究員を経て2004年より航空宇宙工学専攻教授。超小型人工衛星の設計・製作・運用、宇宙システムの知能化・自律化、革新的宇宙システム、宇宙機の航法誘導制御等に関する研究・教育に従事。日本航空宇宙学会、SICE、IAA等会員。IFAC航空宇宙部会長。平成21-25年度、内閣府FIRSTプログラムによる「ほどよし超小型衛星プロジェクト」のリーダー。宇宙政策委員会委員、著書に宇宙ステーション入門、宇宙戦略論、など
 
 
過去のレポート
 
 
 
栃木航空宇宙懇話会 TASC All rights reserved
サイト内情報の無断での改変流用、許可なく転載することはご遠慮ください